トップ / 葬儀でふさわしい挨拶

葬儀のマナーについて

友人、知人が亡くなり、弔問に行くとき、気を付けなければならないのは、故人が、病気で長患いしていて、看病が負担になり死を願ってでもいない限り、悲しみに浸っている状態なので様子を見ながら、悲しみが一段落したころに行くのが良いかもしれません。特に若い人が事故や自殺なので突然亡くなった場合、遺族の悲しみは倍増されます。葬儀も若い人の告別式ほど、式場の空気が重くなるので、遺族の気持ちを察して参列しなければなりません。

↑PAGE TOP

© Copyright インターネットの図書館的存在. All rights reserved.